ドラマ Wiki
Advertisement

テンプレート:ドラマ ザ・スクールコップは、1988年5月11日から9月28日にかけて、フジテレビ水曜夜8時枠で放送されていたテレビドラマである。

1980年代に大ブームを巻き起こした大映テレビ製作のドラマであるが、主人公とその周囲の人物が運命に翻弄される、というシリアスな内容ではなく、コメディタッチに仕上がっている。とはいえ、荒唐無稽なストーリー展開、大袈裟な台詞やアクションなど、大映テイストは健在である。

オープニングナレーションは「草木も眠る丑三ツ時、トラブル多発の学園に、名も無き男女が相集う。人呼んでスクールコップ、夜の戦士の物語。」

テンプレート:ネタバレ

あらすじ[]

警察庁のキャリアである山下大介は、研修先の少年院で院生の自殺に遭遇する。大介は、研修を昇進する為だけのステップとしか考えていなかったが、この一件で強い衝撃を受けた。彼等を自殺に追い込む原因の一つに学校があると考えた大介は、当時の上司に学校への潜入捜査計画を提案するも却下された。(警察は民事介入が出来ない為)

数年後、大介は警視に昇進、警察署長となり、警視総監の有馬の娘・祥子と婚約までしていた。ところが、署長室に芸者の千代丸を呼んだり、芸者遊びをした事や非番中にストリップ劇場へ行っていた事が総監にばれて、閑職である警視庁資料編纂室に左遷された。

実はこれは大介自身による「闇の潜入捜査班」計画を実現する為の作戦であり、仕事が減ったのを逆手に取り、高校の英語教師(夏休みの事件簿編では体育教師)として、仲間と共に事件解決に当たっていく。

概要[]

作風[]

警視が教師に扮して、荒廃した学園に仲間たちと「闇の捜査班」として潜入。闇の捜査をしながら学校を建て直して行く物語。事件の複雑化で1話では解決出来ない為、2話~5話で完結するストーリーとなっている。また「ハングマンシリーズ」と「必殺シリーズ」(ABC制作・テレビ朝日系)の手法を取り入れた作風でもある。

テイスト[]

スタア誕生」以来続いた路線を廃し「噂の刑事トミーとマツ」のテイストを取り入れた作品。 三浦洋一扮する三枚目キャラと松村雄基伊藤かずえいとうまい子ら大映テレビの黄金期を支えた役者の雰囲気もマッチしていた。タイトルロゴはスクールウォーズのロゴと同じ。レギュラーの役名は、地名がつけられている。(千葉、相模、伊豆、山下など)

ナレーションと語り口[]

また、重厚でシリアスな作風も重視する為、ナレーションも導入。ナレーションには、「プロ野球珍プレー好プレー」での語り口が好評だったみのもんたを起用。みの独特の軽妙な語り口と言い回しがストーリーを引き立てている。語り口はシリアスで「それは見てのお楽しみである。」・「さて……」等の語りが多かった。

総集編と番外編のナレーションには、小倉智昭を起用。これもまた、小倉独特の甲高いハイテンションと丁寧語を使った語り口と言い回しで盛り上げている。2007年現在、みのが大映ドラマに出演している作品はこの作品のみ。また小倉はこの他に「妻たちの劇場」の「泣きっ面に姑スペシャル」にもナレーションで出演している。

尚、次回予告ナレーションは伊藤かずえ仁藤優子が顔出しで担当している。たまに三浦洋一も伊藤と仁藤と共に顔出しで出ていた。

闇の潜入捜査班での脚注[]

少年院に収容中の少女が警察等の事件の捜査に関わる事は少年法に基づき出来ない。また、少年院院長・教官も法務省職員の為、警察の捜査に関わる事も出来ない。(刑事施設及び受刑者の処遇等に関する法律に準する)

現役刑事・警官・警視が機密に捜査する事も本来は刑法刑事訴訟法に基づいて出来ない。もしすれば、下記の違反行為になる。

  1. 警察官個人の非行事案:不倫等非社会的行為・個人の犯罪・服務義務違反
  2. 警察組織の問題:捜査報償費流用問題等
  3. 職務上の不適切事案:職務執行の行き過ぎ・乱暴な言動

放送回数と期間[]

番組改変期でもない1988年5月にスタートした(前番組「プロゴルファー祈子」が改変期を過ぎた4月21日に終了した)が中盤にはプロ野球・ヤクルト戦の中継(主に神宮球場でのホームゲーム)と特番の乱発の影響で、放送回数が少なかった(最大2週間放送されなかった時期もある。更に先行で放送されていたアニメ「F-エフ」も同様だった。 )。もっとも番外編と総集編を含む全16話は約3ヶ月で放送する数量であるが、放送するのに5ヶ月掛かっている状況であり、当時のフジテレビ系列が如何にヤクルト戦と特番重視の編成を取っていたかが伺われる。

登場人物[]

闇の潜入捜査班[]

概要:警察や民法では手に負えない謎の事件を闇の潜入捜査で事件解決に挑む。大介は潜入捜査時、警察の身分を隠す為、警察手帳と拳銃を携帯していない。

  • 山下大介:三浦洋一
    • キャリア、闇の潜入捜査班の発案者であり、リーダー。格闘技の使い手の英語教師として潜入する(夏休みの事件簿編では体育教師)。実際は弱く、陰から他のメンバー(特におケイやトン子)に助けられている。
  • 松村恵子:伊藤かずえ
    • 少年院収容者、学校へ生徒としての潜入担当。コードネームは「おケイ」。次回予告の顔出しナレーションも担当。
  • 大谷富子:仁藤優子
    • 少年院収容者、学校へ生徒としての潜入担当。コードネームは「トン子」。次回予告の顔出しナレーションも担当。
  • 伊豆竜也刑事:松村雄基
    • 警視庁交通機動隊の白バイ隊員、元暴走族のメンバーだったが、補導された。その時の担当だった大五郎の情熱に魅かれ、白バイ隊員となる。潜入中は追跡捜査を担当。
  • 相模大五郎刑事:名古屋章
    • 少年課刑事、暴走族のメンバーだった竜也を更生させた手腕を持つ。竜也にとっては恩人。主に内偵捜査を担当。
  • 石川明子:マッハ文朱
    • 多摩少年院教官で潜入担当者ケイコとトミコを監督する傍ら、アジトのラーメン屋「石川軒」で女将をしている。料理は得意ではない。
  • 戸塚健一郎:梅宮辰夫
    • 多摩少年院院長で、厚い情の持ち主。追分学園編では、追分学園の孫である賢二が罪を償いたい一心で少年院に行きたいと叫ぶものの持ち前の説得力で更生させた。余談であるが、当時梅宮は「はぐれ刑事純情派」(テレ朝系)にも署長役で出演しており、この作品を含めて2時間続けて連続ドラマに出演していた。

警察関係者[]

  • 有馬警視総監:加藤武
    • 警視庁のトップで頑固一徹な人物。大介が左遷された時に娘との婚約を破棄させた。「サザエさん」の登場人物の磯野波平と「巨人の星」の登場人物の星一徹を足して2で割ったようなキャラクター。聖山学院編の完結編では事件の黒幕の一人でもあった柏木警視を逮捕した。
  • 千葉まゆみ:岩崎良美
    • 警視庁資料編纂室勤務の刑事。当初は、監察官の命令により大介を監視する目的で配属された。やがて大介の潜入捜査に対して、事件解決のヒントになるような事を大介にアドバイスをする。監察官の香川を「ゴキブリ」と軽蔑、毛嫌いしている。
  • 香川監察官:清水章吾
    • 有馬警視総監の部下の監察官。あだ名は「ゴキブリ」でゴキブリの様に執念深く、大介を監視するが、悉く大介にかわされる。時には闇の捜査班のアジト近辺を監視していたが、上手くかわされた。剣道が苦手で有馬にいつも剣道の練習に付き合わされる。

その他[]

  • 有馬祥子:岡田奈々
    • 警視総監の娘、大介の元婚約者。父から婚約破棄を告げられるが、未練がましく毎回大介を追いかけまわしている。芸者・千代丸とは、大介との愛を巡ってドタバタを起こす。
  • 芸者・千代丸:伊藤麻衣子(現・いとうまい子
    • 大介を愛しているが大介の署長時代に所長室に堂々と入室する等、お騒がせな部分もある。毎回大介を追いかけまわしている。警視総監の娘の祥子とは、大介との愛を巡って、ドタバタを起こす。また大介に頼まれ、お座敷に来た事件関係者から情報を引き出すが、その内容には、かなり怪しい部分もある。(例えば、「獅子身中の虫」を「ライオンが心中した」等)
  • 富山治作:坂上二郎
    • アジトのラーメン屋の隣人。都議会議員で警察の後援団体の役員も兼任している。
  • 常連客:藤本正則
    • アジトのラーメン屋「石川軒」の常連客。見栄を張っており、よく堂々とまずいラーメンと言っているが、悉く女将である明子に摘み出されている。

ナレーション[]

  • みのもんた(第1話~5話、第7話~13話、第15話と最終回)
    • 独特の軽妙でシリアスな語り口とシリアスな言い回しがストーリーを引き立てている。
  • 小倉智昭(第6話と14話)
    • 独特の甲高いハイテンションな丁寧語を用いた言い回しが総集編と番外編を引き立てている。

他の登場人物[]

追分学園編[]

概要:名門、追分学園がある日不良少年のたまり場と化した。証券会社の社長が不良生徒と地上げ屋を使って学校乗っ取り事件を描いた。

  • 鴨川:左とん平
    • 追分学園編の事件の黒幕で証券会社の社長。賢二を利用し追分学園を買収しようと企んだが闇の捜査班の手によって成敗された。第1話~第4話は声のみで第5話は顔出しだった。
  • 丸藤賢二:我王銀次
    • 追分学園の不良生徒。両親がおらず孤児。大介に度重なる反抗的な態度を取ったが戸塚に説得される。学園理事長の明石の孫である事が第5話で明らかになり第5話で明石と和解した。
  • 田村校長:大坂志郎
    • 追分学園高校の校長。学園を崩壊され思い悩んだ。
  • 明石理事長:神山繁
    • 追分学園高校理事長。学園を崩壊され思い悩み倒れていたが孫が丸藤賢二であり、第5話で賢二と和解した。
  • 小山教頭:金内喜久夫
    • 追分学園の教頭で事件の黒幕の一人。黒幕でもある鴨川と共に地上げ屋を使って学園を乗っ取りを企むも闇の捜査班の手によって成敗された。
  • ケイコの父:原田大二郎
    • 医師で少年院に収監されているケイコの事で思い悩む。

聖山女学院編[]

概要:政界の幹部が聖山女学院の乗っ取りを企み、更には大介の同僚の警視が裏で動き、一人の少女を巻き込んだ事件を描いた。

  • 新庄早苗:奥田圭子
    • 少年院出所後美容師見習いとなるが無実の罪を着せられ(実は売上金を店主の息子が着服し、その罪を店主に着せられた)解雇されてスーパーで万引きしたところを秋山に助けられ聖山女学院に入学。事件解決後は再び少年院へ服役する。
  • 秋山順一:宮崎達也
    • 聖山女学院の教諭で事件の黒幕の一人。堀尾と共に早苗を使って直子らに万引きをさせたが闇の捜査班に成敗された。
  • 二宮朝江:吉行和子
    • 聖山女学院の校長
  • 堀尾謙吉:渥美国泰
    • 民政党幹部で事件の黒幕の一人。秋山と共に早苗を利用したが闇の捜査班に成敗された。
  • 豊田将一郎:戸浦六宏
    • 聖山女学院理事長
  • 香取雪子:藤原理恵
  • 直子:桜井宏子
  • 柏木靖政:
    • 警視であり大介の同僚。裏の顔は事件の黒幕の一人。堀尾から金を受け取っていた為、警視総監の有馬の手によってあっけなく逮捕された。最後まで闇の捜査班の捜査の手から逃れていた人物。

夏休みの事件簿編[]

概要:北浜学園を舞台に覚せい剤による3人の生徒の殺人事件を描いた。

  • 吾一:磯村憲二
    • 北浜学園の教師で看守、表の顔は教師だが実態は暴力団の幹部であり事件の黒幕の一人。生徒に他の生徒らの前で覚せい剤を打ち転落死と見せ掛けて宿舎の屋上から突き落として殺害をし、更に2人の生徒を殺害をし、トミコとケイコを拉致して殺害しようとするも闇の捜査班の手に落ちた。
  • 信子:田中美奈子
    • 北浜学園の生徒。吾一らに揺すられていた。

セーラー服幽霊編[]

概要:歪で露骨な金儲け主義で崩壊した私立栄育学園で起こった幽霊騒動といじめに耐えかねず自殺した生徒の事件を描いた。

  • 美奈子・加奈子:桂川昌美
    • 双子の姉妹で美奈子が学園の歪ないじめに耐え切れず自殺を図り、加奈子が幽霊姿になり学園に復讐しようとした。
  • 内田事務長:
    • 事件の黒幕の一人で美奈子を自殺に追い込むも闇の捜査班のえんま大王作戦の手に落ちた。
  • 近藤:
    • 教師の一人で事件の黒幕の一人。闇の捜査班のえんま大王作戦の手に落ちた。
  • 川上:
    • 教師の一人で事件の黒幕の一人。闇の捜査班のえんま大王作戦の手に落ちた。

放送日・タイトル[]

各話 タイトル 放送日 脚本 監督 備考 視聴率
第1話 あぶないセンセ 1988年5月11日 長野洋 土屋統吾郎 追分学園編(1) 13.6%
第2話 男1人に美女6人 1988年5月18日 長野洋 土屋統吾郎 追分学園編(2) 9.3%
第3話 先生が好きです 1988年5月25日 長野洋 土屋統吾郎 追分学園編(3) 10.9%
第4話 遠きは近くて 1988年6月1日 長野洋 土屋統吾郎 追分学園編(4) 8.8%
第5話 空とぶにわか芸者 1988年6月8日 長野洋 土屋統吾郎 追分学園編・完結編 9.6%
第6話
(総集編)
アリエスからスクールコップまで丸ごとNG集 1988年6月15日 不明 NG集を含めた総集編。ナイターが中止になった為、レインコートで放送された。 不明
第7話 聖山女学院の巻① 1988年6月22日 大原清秀 井上芳夫 聖山女学院編(1) 9.9%
第8話 聖山女学院の巻② 1988年6月29日 大原清秀 井上芳夫 聖山女学院編(2) 10.6%
第9話 聖山女学院の巻③ 1988年7月6日 大原清秀 井上芳夫 聖山女学院編(3) 11.6%
第10話 聖山女学院の巻・完結編 1988年7月20日 大原清秀 井上芳夫 聖山女学院編・完結編 10.7%
第11話 夏休みの事件簿① 1988年8月3日 大原清秀 江崎実生 夏休みの事件簿編(1) 11.0%
第12話 夏休みの事件簿② 1988年8月10日 大原清秀 江崎実生 夏休みの事件簿編(2) 11.9%
第13話 夏休みの事件簿③ 1988年8月17日 大原清秀 江崎実生 夏休みの事件簿編・完結編 10.2%
第14話
(番外編)
名場面集 1988年9月7日 不明 名場面集 不明
第15話 セーラー服幽霊(前編) 1988年9月21日 長野洋 岡本弘
小島湾
セーラー服幽霊編 13.5%
第16話 セーラー服幽霊(後編) 1988年9月28日 長野洋 岡本弘
小島湾
セーラー服幽霊編 不明
平均視聴率10.9%(不明な回は除く)(ビデオリサーチ調べ・関東地区)

スタッフ[]

  • 監督:土屋統吾郎井上芳夫江崎実生岡本弘、小島湾
  • 企画:春日千春前田和也
  • プロデューサー:柳田博美千原博司中尾嘉伸河野雄一
  • 脚本:長野洋大原清秀
  • 音楽:菊池俊輔
  • 技術協力:ビデオフォーカス
  • VTR編集:共同エディット
  • MA:アオイスタジオ
  • 制作:フジテレビ、大映テレビ

主題歌[]

  • 『ロンリー グッドナイト』 歌:長山洋子ビクター

関係項目[]

  • シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~
こちらも潜入捜査を使ったドラマで、事件の複雑化で1話では解決できず1エピソードに付き2~4話完結となっている。
  • ザ・ハングマン
  • 必殺シリーズ
  • 裏刑事-URADEKA-
フジテレビ系 水曜20時台
前番組 番組名 次番組
ザ・スクールコップ


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はザ・スクールコップにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
Advertisement