ドラマ Wiki
Advertisement
刑事の現場
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜ドラマ(58分)
放送期間 {{{放送期間}}}(第1シリーズ 全4回
第2シリーズ 全5回回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 尾西兼一
三上幸四郎
遊川和彦
演出 柳川強
土井祥平
渡辺一貴
松浦善之助
  

刑事の現場』(けいじのげんば)シリーズは、NHK総合テレビジョン土曜ドラマ』で放送されていた日本テレビドラマ。報道取材が原案、番組宣伝にはナレーションが一切無いなど、異色の仕上がりとなった。NHK名古屋放送局制作。

第1シリーズは、2008年3月、4回にわたって放送され、翌年1月に再放送。主演は寺尾聰。第2シリーズは、『リミット -刑事の現場2-』(どようドラマ・リミット -けいじのげんば に-)と題し、2009年7月11日から8月8日まで、5回にわたって放送された。第2シリーズの主演は、森山未來が主演[1]

また、BSハイビジョンでは先行放送された。

概要[]

このドラマは、NHK名古屋放送局が報道取材を基にして制作した。

2005年以降、いわゆる「第1団塊世代(1945-50年生まれ)」の警察官が大量に退職することで、若手警察官主体となり、「警察力」が著しく低下することが全国で問題となっている。

このため、各地で定年退職前のベテラン警察官が若手を指導する特別な取り組みが行われている。このドラマについても、そうした取り組みの取材テンプレート:Efn2が脚本のベースとなっており、当該取材対象となった引退警察官が実際に監修にあたった[2]

2009年の再放送では、初回、『フルスイング』に倣って、本編に先立ち、ドラマ制作の背景として監修者の昔と今を映したミニドキュメンタリーが放送された。最終回では、ドラマ本編の後、刑事現場のドキュメンタリーが放送され、ナレーションはドラマで大島巡査を演じた苅谷俊介が担当した。当該放送の視聴率は9.5%を記録し、本放送の視聴率(7.8%)を1.7%も上回った。

第2作は、フィクション性を高めたものの、根本部分は引き続き実話をもとにした。主人公が名古屋中央署に異動したという設定で、実際に名古屋の繁華街・栄でもロケが行われた。また、人情ドラマとしての要素を持っていた第1作と異なり、第2作は人間の心の暗部の描写に、物語の重点を置いている。

放送時間[]

  • 総合テレビ 21:00 - 21:58(JST
  • BSハイビジョン 18:00 - 18:58(JST)

総合テレビのみ、初回は15分繰り下げて放送。また第1シリーズの2008年3月8日2009年1月3日は放送を休止。

出演[]

刑事の現場[]

  • 伊勢崎 彰一 - 寺尾聰
叩き上げで育ってきたベテラン刑事。普段は感情を表に出さず、一見冷たい人物にも見えるが、心の奥には暖かさを持つ。団塊世代の大量退職にあたって、刑事の技をどう伝えていけるかを危惧している。実は啓吾の父が殉職した事件に関わり、それが心の痛みにもなっている。啓吾には運命めいたものを感じ、彼を一人前の刑事にするために残り少ない刑事人生を捧げようと尽力する。
最終回で何者かに襲われ意識不明になるが回復する。
  • 加藤 啓吾 - 森山未來
東和警察署に赴任した新人刑事。刑事であった父が幼少の頃に殉職し、その憧れから刑事になった。正義感が強く真面目だが、優しい性格のため、時に情に流され、事件の全体像が見えなくなる嫌いもある。伊勢崎のクールな態度に反発しつつも、「事件や人の心には表と裏がある」ことを教えられ、刑事魂を叩き込まれてゆく。
  • 野下 浩美 - 石倉三郎[3]
麻薬や暴力団対策を担当する捜査二係係長(警部補)。ごつい身体、ヤクザまがいのファッションセンス、迫力ある"ダミ声"で二係一筋。伊勢崎とは旧知の間柄で、彼の痛みを知る数少ない友人。思いの外の人情家で、部下思いの優しい一面ももつ。
  • 瀬戸山 瑞穂 - 池脇千鶴
県警の警務部に務める準キャリアと結婚し一児の母となるも、出産後に職場復帰を果たし刑事になる。但し、現在は別居中。頑固な性格で、人間観察は鋭い。桐島のように女性を捨て、仕事一筋に生きる女が苦手な一方、伊勢崎にはシンパシーをもつ。小柄な体系に似合わず、柔道三段、剣道三段。
  • 古川 良介 - 忍成修吾
啓吾と同期の刑事。啓吾とは同期だが、偶然手配犯を見つけて逮捕した功績により、一年早く刑事に昇進。
  • 岸田 渉 - 浜田学
啓吾とは同期だが、偶然手配犯を見つけて逮捕した功績により、一年早く刑事になる。岸田に憧れる腰巾着なところもある。過去(中学・高校時代)に苛められていた経験あり。伊勢崎の刺激を受け、啓吾の良きパートナーとして成長していく。
  • 木島 昭太 - 三浦アキフミ
鑑識係員(巡査)。鉄道写真が趣味であることから鑑識に回された青年。やる気があるのかないのか分からない。言葉も少なく、ある意味オタク系である。ヘマをする度に辞めたいと訴える。
  • 矢代 千夏 - 中山恵
女性警官
  • 真山 - 櫻木健一
愛知県警本部の刑事
  • 諸岡 - 小原雅人
愛知県警本部の刑事
  • 安原 ‐ 佐久間哲
刑事。
  • 清水 ‐ あべかつのり
刑事。
  • 加藤 誠 - 樋口浩二
啓吾の父
  • 加藤 節子 - 御園生尊子
啓吾の母
  • 大島 - 苅谷俊介
駐在所のベテラン巡査
  • 守本 真二 - 宇崎竜童[4]
捜査課鑑識係主任。鑑識一筋。地道な仕事の似合う地道な男。真面目が取り柄。野下とともに伊勢崎の愚痴相手で、喫煙コーナーでつるんでは「近頃の若い者は…」とグチをこぼす。今春、退職が決まっている。
  • 桐島 奈津子 - 真野響子
東和警察署・副署長。愛知県警女性警察官のパイオニア的存在で、かつては伊勢崎の同僚だったこともある。伊勢崎と啓吾の父親との過去の因縁にも絡み、共通した痛みを持つ。仕事はできるが、少々うるさ型。オフには制服を脱ぎ捨て、華麗な服装でパチンコ台に向かう趣味も。

リミット-刑事の現場2-[]

  • 加藤 啓吾〈28〉 - 森山未來
刑事3年目。巡査部長の昇任試験に合格し名古屋中央署へ転属となる。純粋で正義感が強く、警察は正義だと信じている。
  • 梅木 拳〈59〉 - 武田鉄矢
定年を控えた警部補。中央署の一匹狼。出世に興味がなく、署内でも浮いている一匹狼的存在。周囲から「悪魔」と呼ばれて恐れられているが、そこには彼の過去が複雑に絡んでいる。
  • 青井 茉莉亜〈29〉 - 加藤あい
啓吾の婚約者。2年前に啓吾が担当した事件の関係者。啓吾との結婚を前に、ある日、事件で人生を壊された憎しみがフツフツと沸きあがる。
  • 東野 恵一〈44〉 - 杉本哲太
刑事課長。警視。かつて梅木の部下として働いていたが、ある事件をきっかけに決裂し、組織人として生きる道を選ぶ。
  • 伊坂 聡 - 細田よしひこ
警部補。啓吾の後輩だが、1年後には本庁に戻る超エリート。パソコンに強く、現場に出ることはほとんどない。
  • 筒井 薫〈44〉 - 若村麻由美
庶務係の警部補。中央署のことは何でも知る「お局様」的存在。梅木の過去も知っている、数少ないシンパ。
  • 太宰 満〈55〉 - 伊武雅刀
課長代理。警部。叩き上げといった感じのイカツイ風貌の刑事。東野の女房役で、警察に対する愛情は人一倍強い。

スタッフ[]

刑事の現場[]

  • 作:尾西兼一(1~2、4話)、三上幸四郎(3話)
  • 演出:柳川強(1~2、4話)、土井祥平(3話)
  • 警察考証:都竹則一(
  • 鑑識考証:田島幸和

リミット-刑事の現場2[]

  • 演出:渡辺一貴(1~2、5話)、松浦善之助(3~4話)
  • 警察考証:都竹則一
  • 鑑識考証:田島幸和

サブタイトル[]

刑事の現場
各話 放送日 サブタイトル ゲスト 視聴率
第1回 2008年3月1日 苦い逮捕 越智陽介() - 田中哲司
柏原聡子(殴打事件の被害者・弁当工場職員) - 松尾れい子
笑福亭松之助
田中智美() - 内海桂子
田所社長(弁当工場 社長) - 三田村周三
蛭子能収(特別出演)
スギハラヒロキ(日系ブラジル人・聡子殴打事件の被疑者) - 高良健吾
10.8%
第2回 2008年3月15日 48時間の壁 鵜飼公平(加藤の小学校時代の担任・1年前の事件の被疑者) - 原田芳雄
谷川直子(心配する少女) - 尾高杏奈
高田健一(弁護士) - 建蔵
岡島(タクシー運転手・1年前の事件の被害者) - 小松和重
立花ノブ - 三田和代
12.6%
第3回 2008年3月22日 運び屋を追え 中沢繁治(綾子を殺害したと自首した男) - 村田雄浩
曽根真理子(主婦・覚醒剤の運び屋) - 葉月里緒奈
曽根芳行(真理子の夫・瓦店店主) - 飯田基祐
曽根仁志(芳行と真理子の息子) - 武井証
田村和子(曽根家の隣人) - 蜷川みほ
中沢弘道(繁治と綾子の息子) - 森田直幸
中沢綾子〈47〉(繁治の夫・殺人事件の被害者) - 中田裕子
10.9%
最終回 2008年3月29日 バスジャック 竹内充(バスジャック犯[注 2]) - 北村有起哉
竹内日出子(充の妻) - 星野真里
広瀬徹(元前科者) - 菅田俊
山岡修(住居侵入事件の容疑者) - 伊藤正之
7.8%
平均視聴率10.5%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)
リミット-刑事の現場2-
各話 放送日 サブタイトル ゲスト 視聴率
第1回 2009年7月11日 その男は、悪魔 通り魔事件の被害者の父親 - 斉藤洋介
仲原駅通り魔事件の犯人 - 笠原秀幸
県警一課長 - 堀部圭亮
細見秀之(県警本部の監察官) - 本田博太郎
8.4%
第2回 2009年7月18日 偽善者 町内会長 - 森本レオ
田宮睦男(チンピラ・放火事件の犯人)[注 3]榊英雄
5.1%
第3回 2009年7月25日 ダークサイド 植田信之(弁護士) - 甲本雅裕
半沢奈々(OL・ストーカー被害者) - 黒川芽以
6.1%
第4回 2009年8月1日 もう一人の悪魔 黒川真治〈38〉(梅木の恋人を殺した男・懲役18年の刑を受け服役中) - ARATA

純名りさ
伊佐山ひろ子
堀部圭亮

4.7%
最終回 2009年8月8日 最後の審判 ARATA

大石健吾(茉莉亜の恋人のひき逃げ事件の犯人) - モロ師岡[5]
河原崎建三
堀部圭亮

7.3%
平均視聴率6.3%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

主題歌[]

  • 音楽担当:coba
刑事の現場
大橋卓弥『ありがとう』
リミット-刑事の現場2-
斉藤和義『愛の灯』

脚注[]

テンプレート:脚注ヘルプ

注釈[]

  1. 本作品がNHKドラマ初執筆となる。
  2. かつて伊勢崎が逮捕した男の息子。彼は”犯罪者の子”と差別を受け、伊勢崎を逆恨みしていた。
  3. 彼は主犯ではなく、あくまで実行犯。

出典[]

  1. "「未来がある!」武田鉄矢、新たな“教え子”に森山未來を指名". キャリアニュース. オリコン (2009-06-16). 2022-06-26 閲覧。
  2. テンプレート:Cite news
  3. テンプレート:NHK人物録
  4. テンプレート:NHK人物録
  5. テンプレート:NHK人物録

関連項目[]

  • 土曜ドラマ
  • さらば友よ』 ※武田鉄矢扮する梅木警部補が亡き婚約者と一緒に観た想い出の映画。

外部リンク[]

  • テンプレート:Wayback
  • テンプレート:Wayback
  • テンプレート:NHK放送史
  • テンプレート:NHK放送史
NHK 土曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
フルスイング
(2008.01.19 - 2008.02.23)
刑事の現場
(2008.03.01 - 2008.03.29)
トップセールス
(2008.04.12 - 2008.05.31)
ジャッジII 島の裁判官 奮闘記
(2008.10.25 - 2008.11.22)
刑事の現場[再]
(2009.01.10 - 2009.01.31)
遥かなる絆
(2009.04.18 - 2009.05.23)
風に舞いあがるビニールシート
(2009.05.30 - 2009.07.04)
リミット-刑事の現場2-
(2009.07.11 - 2009.08.08)
再生の町
(2009.08.29 - 2009.09.26)

テンプレート:土曜ドラマ (NHK) テンプレート:Tv-stub

テンプレート:リダイレクトの所属カテゴリ

Advertisement