ドラマ Wiki
Advertisement

テンプレート:文学 常野物語(とこのものがたり)は、恩田陸の小説シリーズである。常野シリーズとも。『光の帝国』『蒲公英草紙』『エンド・ゲーム』の3作が刊行されており、『光の帝国』はテレビドラマ化された。

特殊な能力を持つ「常野」の人々を描いている。

単行本[]

全て集英社。(最初の)単行本は四六版ハードカバー文庫集英社文庫。文庫版の表紙はシリーズタイトル「常野物語」が先であるかのようなデザインになっているが、後に来るのが正しい。

  1. 光の帝国 テンプレート:Small1997年10月 ISBN 408774292X、文庫: 2000年9月 ISBN 4087472426
  2. 蒲公英草紙 テンプレート:Small2005年6月 ISBN 4087747700、文庫: 2008年5月 ISBN 978-4087462944
  3. エンド・ゲーム テンプレート:Small(2005年12月 ISBN 4087747913、文庫: 2009年5月 ISBN 978-4087464320

各作品[]

光の帝国[]

小説すばる』で1994年12月号から1997年5月号まで全11回連載。この作品のみ連作短編集。収録作と初出は次のとおり(単行本収録順)。

  1. 大きな引き出し(1994年12月号)
  2. 二つの茶碗(1995年3月号)
  3. 達磨山への道(1995年6月号)
  4. オセロ・ゲーム(1995年7月号)
  5. 手紙(1995年9月号)
  6. 光の帝国(1995年12月号)
  7. 歴史の時間(1996年7月号)
  8. 草取り(1997年5月臨時増刊号)
  9. 黒い塔(1997年1月号・2月号)
  10. 国道を降りて…(1997年5月号)

ゼナ・ヘンダースンの「ピープル・シリーズ」をイメージして書かれた[1]。タイトルから誤解を受けることもあり、文庫本の解説を書いた久美沙織は、宇宙戦争のような内容を想像していた[2]

蒲公英草紙[]

青春と読書』(本作のみ掲載誌が異なる)2000年1月号から2001年2月号まで全14回連載。

時間を遡った20世紀初頭の物語であり、時系列では最初である。

第134回直木賞候補作。

エンド・ゲーム[]

小説すばる2004年3月号から2005年6月号まで全6回連載。雑誌掲載時には藤田新策挿絵を描いた(単行本未収録)。

テレビドラマ『光の帝国』[]

テンプレート:ドラマ NHK総合テレビドラマDモードで、2001年12月4日12月25日に放送。全4回。

キャスト[]

  • 春田記実子:前田愛
  • 春田里子:檀ふみ
  • 春田貴世誌:小日向文世
  • 春田光紀:村上雄太
  • ツル先生:笹野高史
  • 矢田部薫:鈴木砂羽
  • 倉沢泰彦:中村勘太郎
  • 遠耳:坂本朗
  • 遠目:田中要次
  • 志村守:石丸謙二郎
  • 高木克也:辰巳琢郎
  • 大畠先生:酒井敏也
  • 医師:六角精児

このドラマの共演で知り合った中村勘太郎前田愛2009年に結婚した。

スタッフ[]

  • 脚本:飯野陽子
  • 制作:古川法一郎
  • 演出:松岡孝治木村明弘田中正

サブタイトル[]

  1. 未知の力
  2. 一族の力
  3. 闇の力
  4. 未来の力

演劇・映画『光の帝国』[]

演劇集団キャラメルボックス2009年、『光の帝国』の1作「大きな引き出し」を『光の帝国』として上演した。

演劇を撮影して映画として配給するLivespireの1作として、同年7月18日より劇場公開された。

  • 原作 : 恩田陸『大きな引き出し』(集英社『光の帝国』所収)
  • 脚本・演出 : 成井豊真柴あずき
  • 舞台企画・製作 : ネビュラプロジェクト
  • 映像監督 : 小林啓一
  • 製作・著作 : ネビュラプロジェクト、ソニー
  • 製作プロダクション : ソニーPCL
  • 配給 : ソニー
  • 出演 : 畑中智行岡内美喜子大内厚雄阿部丈二坂口理恵小多田直樹小林千恵鍛治本大樹井上麻美子

出典[]

  1. 『光の帝国』あとがき
  2. 『光の帝国』解説

外部リンク[]

Advertisement