ドラマ Wiki
Advertisement
救急救命士・牧田さおり
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜ワイド劇場(111分)
放送期間 2002年1月26日 -(7回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 岡本弘
脚本 安井国穂(第7作)
プロデューサー 三輪祐見子(テレビ朝日)(第1作-第5作、第7作)
菊池誠松野千鶴子(アズバーズ)(第7作)
岡田寧 ほか
出演者 浅野温子
中村俊介(第6作-)
石丸謙二郎
羽場裕一(第5作-)ほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
エンディング 土曜ワイド劇場』と同じ
外部リンク 土曜ワイド劇場
  

テンプレート:ドラマ 救急救命士・牧田さおり(きゅうきゅうきゅうめいしまきたさおり)は、テレビ朝日系の土曜ワイド劇場枠で放送されているシリーズ作品のひとつである。2002年1月から放送開始された作品。主演は浅野温子で、2010年5月1日にシリーズ最新作の7作目が放映された。

第6作まで、脚本・寺田敏雄、制作プロダクション・東北新社だったが、第7作ではプロダクションがアズバーズに変わり、脚本も安井国穂に変わった。

主な登場人物[]

  • 牧田さおり…浅野温子
横浜みなと消防署の救急救命士救急隊の士長。救命士歴13年(第5作より)。日野と別れて以来独身。自宅のマンションで亀を飼っている。よく立ち寄る店の土曜日のサービスランチである「ホッケ定食」は欠かさず食べている。かつて怪我をした逃走犯を倒れる木材から助けた際に膝を怪我し、以来膝が時々痛み、救命活動に支障をきたすことがあった。しかし、第6作以降では足をひきずる様子は見られなかった。また「ホッケ定食」や「亀」も登場しなかった。
  • 伊東肇…中村俊介(第6作-)
横浜市危機管理室のエリート役。
  • 川島憲二…中林大樹(第7作)
横浜みなと消防署の機関員。
  • 西山ゆり…赤井沙希(第7作)
横浜みなと消防署の救命士 。
  • 長谷川洋司…石丸謙二郎
横浜みなと消防署の救急救命士。救急隊の隊長を務める。
  • 佐久間弘樹…羽場裕一(第5作-)
横浜・みなと中央署の刑事。当初は牧田を疑うも、周辺を捜査していくうちに、牧田を理解していく。
  • 若林刑事…趙珉和(第7作)
横浜・みなと中央署の刑事。

過去の登場人物[]

  • 日野雅史…宇崎竜童(第1-5作)
みなと総合病院・救急救命センターの医師。牧田の元夫である。牧田を一番理解している人物。第5作ではオープニングとエンディングのみ登場し、エンディングでジンバブエに留学。
  • 間宮賢太郎…風間トオル(第5作-6作)
みなと総合病院・救急救命センターの医師で監察医も兼ねている。自称「ERのように熱く燃える天才ドクター」。牧田の事は日野から聞いて知っている。
  • 永井淳子…根岸季衣(第1作、第2作、第4作)
横浜みなと中央署の婦警で牧田の親友。
  • 高沢夏樹…遠藤憲一(第2作、第4作)
横浜・みなと中央署の刑事。単独捜査をたびたび行い、捜査課では浮いている。真実の追究のために上司の命令を無視してさおりに協力することがある。
  • 井上…伊吹吾郎(第4作)
署長
  • 内藤伸介…飯沼誠司(第1-6作)
横浜みなと消防署の機関員。
  • 高谷史恵…遠藤久美子(第5作)
横浜みなと消防署の新人の救急救命士。看護師から転身。
  • 山本史恵…小川奈那(第6作)
横浜みなと消防署の救命士 。
  • 長谷川富子…樋田慶子(第6作)
長谷川隊長がママと呼ぶ母親。

放映情報[]

放送作品[]

話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督 音楽 視聴率
1 2002年1月26日 緊急出動! 豪雨の中の多重大激突事故、16歳未婚の母が渡した母子手帳の秘密… 寺田敏雄 岡本弘 16.3%
2 2003年5月31日 緊急出動! 救急車ジャック発生 17.7%
3 2004年8月28日 緊急出動! 徳島鳴門~空中美女殺人 16.0%
4 2005年11月12日 緊急出動! 毒劇物災害の現場になぜ刺殺体?
5 2007年2月3日 緊急出動! 死者からの119番 13.0%
6 2009年6月13日 毒ガスが人を刺した!?高級ケアハウスの女帝オーナー襲撃!真犯人は赤く変身する!! 14.8%
7 2010年5月1日 緊急出動! 爆破テロが暴いた指名手配の女の正体!殺人犯の指紋が嘘をついたワケ… 安井国穂 12.4%
  • ※視聴率はビデオリサーチ社調べによる関東地区のもの

ゲスト出演者[]

話数 ゲスト出演者(役名・役柄)
第1作 塚本高史(池上和人)、松尾敏伸(園田明夫)、冷泉公裕(根本邦夫)、山田辰夫(佐倉幸広)、灰地順三船美佳(佐倉夏美)、相澤一成長澤奈央久永さとみ今井耕二山本東高橋則彦無田幸介長塚道太立石由衣
第2作 若林志穂(花村良江)、宮下直紀(花村道夫)、田中要次(田宮信一)、白石マル美(田宮和枝)、並樹史朗児玉頼信中原ひとみ(蔵原八重)、上條誠宮内敦士福澄美緒山本東河野景子南加絵松澤仁晶秋山恭子田村勇馬土田彩綺
第3作 涼風真世(佐伯望美)、井上晴美(結城和江)、五代高之(清元明広)、鰐淵晴子(飯塚節子)、菊池万里江(飯塚麻紀)、坂井正子(池田英里子)、松尾諭(宮崎正希)、萩野英雄(伊藤隆志)、松本真治寺田農(安原孝二)
第4作 細川ふみえ(菅原美佐子)、そのまんま東(北村光男)、池田政典(佐伯省吾)、田中隆三(笠松優二)、棚橋ナッツ(富永勝夫)、伊吹康太郎(須田信二)、古郡雅浩(橋本晋)、林伸子(女性救命士)、森富士夫(楠木洋介)、松田昂大(子役)(菅原聡)
第5作 橋爪淳(井原耕作)、斉藤とも子(井原江理子)、七枝実(大倉信二)、西興一朗(滝本和哉)、宮川一朗太(山田医師)、大和なでしこ(中年女)、江藤漢斉(曾根崎)、渡辺卓(村瀬)、中村真知子栗山寿恵子宮路佳伴鳥越夕幾子伊東真結子澤木柚季江酒井一輝松本怜中西良太(和哉の父)
第6作 黒田福美(西崎日名子)、草村礼子(松岡悦子)、林泰文(松岡徹)、並木史朗(門倉達郎)、石母田史朗山本修牧村泉三郎三輪ひとみ桜井聖 ほか
第7作 横山めぐみ(千葉奈緒美)、中島ひろ子(相沢由紀子)、渡辺梓(市村諒子)、冨家規政(千葉信介)、越村公一春海四方飯田基祐米山善吉日向明子若林久弥江畑浩規田中康寛津乃村真子水崎綾女(相沢由紀子・16歳期)、長谷川愛美(千葉奈緒美・14歳期)、小泉颯野(相沢由紀子・幼少期)、嶋田莉奈竹島正義平川和宏西ノ園達大松下哲中嶌聡平野優隆 ほか

スタッフ[]

  • 制作…テレビ朝日東北新社(第1作-第6作)、アズバーズ(第7作)
  • プロデューサー
テレビ朝日…松本健(第1作-第5作)、三輪祐見子(第1作-第5作、第7作)、関拓也(第6作)
東北新社・東北新社クリエイツ…岡田寧(第1作-第6作)、辻井孝夫(第1作)
アズバーズ…菊池誠(第7作)、松野千鶴子(第7作)
岡田寧(第7作)
  • 脚本…寺田敏雄(第1作-第6作)、安井国穂(第7作)
  • 監督…岡本弘
  • 車輌協力…オーテックジャパン
  • 技術協力…ビデオフォーカス
  • 台本協力…横浜市救急救命士会
  • 監修…横浜市消防局

補足[]

  • 全作、横浜市消防局および横浜市救急救命士会が撮影協力しているが、第5作では横浜消防サイドの要望により、救急車不正需要の問題が台本に入っている。
  • 2006年、横浜市安全管理局の広報用ポスターのモデルになった。
  • 2009年1月17日。テレビ朝日で第4話の再放送が行われた際、放送内容が本放送から一部カットされて放送された。現在の宮崎県知事・東国原英夫(当時の芸名:そのまんま東)が犯人役で出演しており、逮捕シーンがカットされたものと思われる。
  • 第7作では過去の殺人事件の公訴時効がネタに入っていたが、2010年4月27日刑事訴訟法改正により殺人事件の時効が廃止されたことから、本放送の2010年5月1日ではその旨のテロップがエンディングに入っていた。
Advertisement