ドラマ Wiki
Advertisement

テンプレート:Portal 文学状況曲線』(じょうきょうきょくせん)は、松本清張の長編推理小説。『週刊新潮』1976年7月29日号から1978年3月9日号に、「禁忌の連歌」第2話として連載され、1988年9月に新潮社から刊行された。

1994年にテレビドラマ化されている。

概要[]

大手ゼネコンの黒い談合が引き起こした連続殺人事件と、地方刑事の挑戦を描く推理長編。

あらすじ[]

日星建設の専務・味岡正弘は、「南苑会」を通じて、工事案件の情報を得ていた。南苑会は、エリート官僚に顔の利く怪人・巨勢堂明を中心とする、非公式の談合組織であった。巨勢との会合のあと、用件のあった味岡は、引き返して巨勢の事務所を再訪するが、誰もいない事務所内に、ライバル会社のものと思しき紙袋を発見し、好奇心からその中身を覗こうとする。ちょうどその時、ビルの屋上で死体が発見され、騒ぎとなった。やましい行動をしていた味岡は、自分の行動を言うことができなかったが、「死体発見の日に不審な男」と新聞に報じられてしまう。以後、殺人事件のことが気になって仕方がない味岡の前に、怪事件が続発していく……。

テレビドラマ[]

松本清張スペシャル
状況曲線
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜ワイド劇場
放送期間 1994年11月26日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ朝日
監督 松尾昭典
原作 松本清張『状況曲線』
脚本 吉田剛
出演者 村上弘明ほか
  

テンプレート:ドラマ テンプレート:節stub松本清張スペシャル・状況曲線」。1994年11月26日テレビ朝日系列の「土曜ワイド劇場」枠(21:02-22:51)にて放映。サブタイトル「巨大談合組織の黒い殺人!男と女が欲望の罠にはまる…」。視聴率14.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

キャスト
  • 大石謙吉:村上弘明
  • 照葉:七瀬なつみ
  • 矢田部刑事:蟹江敬三
  • 味岡正弘:財津一郎
  • 柳原孝助:北村晃一
  • 中橋泰夫:鶴田忍
  • 巨勢堂明:田中明夫
  • 沢田美代子:斉藤林子
  • 安田秋子:栗田よう子
  • 高峰圭二
  • 加島潤
  • 志賀圭二郎
  • 松村彦次郎
  • 小林千晴
  • 木村翠
  • 森章二
スタッフ
  • 脚本:吉田剛
  • 監督:松尾昭典
  • 制作:松竹テレビ朝日
テレビ朝日系列 土曜ワイド劇場
前番組 番組名 次番組
京都妖怪地図
(1994.11.19)
松本清張スペシャル
状況曲線
(1994.11.26)
緋の風
(1994.12.3)

テンプレート:松本清張 テンプレート:松本清張原作のテレビドラマ テンプレート:Tv-stub

Advertisement