ドラマ Wiki
Advertisement

テンプレート:Portal テンプレート:ドラマ積木くずし』(つみきくずし)は、1982年桐原書店から出版された、実話を基にした穂積隆信による体験記である。副題は「親と子の二百日戦争」。映画化、テレビドラマ化されている。

特色[]

ある日突然、不良少女となった実娘・穂積由香里との200日間の葛藤を描いた作品であり、日本国内で250万部を超える空前の大ベストセラーになった。

また、続編として『積木くずし あとさき悩める親からのアドバイス』『積木 その後の娘と私たち』『積木くずし(続)』『積木くずし崩壊 そして…』『由香里の死 そして愛 積木くずし終章』が出版されている。

著者はいずれも穂積隆信で、特に実質完結篇となった『由香里の死 そして愛 積木くずし終章』はそれまで明らかにならなかった真実などが書かれており、これを基に出版から約1年後の2005年9月に「積木くずし真相 〜あの家族、その後の悲劇〜(フジテレビ)」というタイトルで舘ひろし杉田かおる安達祐実主演によってドラマ化された。前編はいじめによって非行に走る娘と両親の戦いの日々を描き、後半は積木くずしの大ブーム、娘の逮捕、両親の離婚、母の自殺、そして娘の突然死を描き、高視聴率を獲得した。

「積木くずし」出版後、娘である由香里の再度に渡る補導や穂積の妻との離婚、後に大麻所持の容疑で由香里が再逮捕されるなど、結局真実は描かれておらず、娘も更生していないと捉えられることもあった。

当時人気が非常に高かった俳優によって描かれたものであったため、世間に衝撃を与え、穂積自身も「積木くずし」関連の仕事や講演が急増した。それによって再び家族が崩壊したことは、主として続編に描かれている。教育関連の仕事が増えたことなどは、穂積隆信を参照。

最初にドラマ化された『積木くずし・親と子の200日戦争』(TBS)は、1983年に全7回で放送され、横浜銀蝿の音楽が流れる中、わらべ高部知子が熱演。

最終回の視聴率は関東地区で45.3%、関西地区で34.6%であった(ビデオリサーチ調べ)。関東地区の45.3%は、民放で1977年以降に放送された連続ドラマとして、2008年時点で歴代1位の記録である(総合ではNHKで放送された「おしん」が最高、奇しくも当作品と同年放送である)。

この年の11月には東宝企画製作の映画版『積木くずし』が東宝系列で公開された。主演は当初テレビ版と同じく高部知子が予定されていたが、高部のスキャンダルによる芸能活動自粛により、代役に渡辺典子が立てられた。横浜銀蝿の弟分バンドの紅麗威甦(グリース 俳優の杉本哲太がボーカル)が主題歌、挿入歌を担当している。

1985年には仙道敦子主演によるドラマの続編の放送が決定していたが、穂積由香里が覚醒剤取締法違反で逮捕された為にさまざまな影響を考慮して制作が白紙となった(その代替作品が「'85年型家族あわせ」である)。

テレビドラマ[]

積木くずし 〜親と子の200日戦争〜[]

  • 1983年2月15日 - 3月29日
  • 毎週火曜日 20:00-20:54
  • 視聴率
    • 第1回24.0%、最終回45.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)
    • 第1回16.5%、最終回34.6%(ビデオリサーチ調べ、関西地区)
  • 全7回

キャスト[]

  • 穂高香緒里 - 高部知子
  • 穂高信彦 - 前田吟
  • 竹村 宏 - 古谷一行
  • 水谷大輔
  • 牛山蕗子
  • 吉田葉子
  • 丸山千景
  • 桜井ゆうこ
  • 町田真一
  • 川原田新一
  • 滝奈保栄
  • 島倉 千代子 - 島倉千代子(本人の役)
最終回で自身のコンサートシーンがあり、香緒里から花束を渡され、激励する件があった。
  • 穂高 三枝子 - 小川真由美

スタッフ[]

  • 原作:穂積隆信「積木くずし 親と子の二百日戦争」
  • 脚本:上条逸雄
  • 監督:日高武治
  • プロデューサー:黒田正司(東宝)、山本典助
  • 制作:東宝TBS

主題歌[]

  • 来生たかお「無口な夜」
TBS 火曜20時台
前番組 番組名 次番組
積木くずし 〜親と子の200日戦争〜

積木くずし崩壊、そして…[]

  • 1994年4月5日 19:03 - 21:48

キャスト[]

  • 泉 ひかり - 瀬能あづさ
  • 泉 信隆 - 高田純次
  • 大谷直子
  • 三浦友和
  • 大野麻耶
  • 筧利夫
  • 芦川よしみ
  • 麻木久仁子
  • 峰竜太
  • 八代亜紀
  • 周富徳
  • 穂積隆信
  • 萩野崇

スタッフ[]

  • 原作:穂積隆信「積木くずし-崩壊、そして…」
  • 脚本:西岡琢也
  • 監督:小澤啓一
  • 制作:G・カンパニー、テレビ東京

積木くずし真相 〜あの家族、その後の悲劇〜[]

  • 金曜エンタテイメント(前編)・プレミアムステージ(後編)
  • 2005年9月2日 - 9月3日 21:00 - 22:54
  • 視聴率
    • 21.6%(前編)・23.5%(後編)(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

キャスト[]

  • 稲場 朋美 - 安達祐実
  • 稲場 静子 - 杉田かおる
  • 石塚 智子 - 鷲尾真知子
  • 田宮 光子 - 木村多江
  • 谷口 透 - 平山広行
  • 緑川 サチ - 財前直見
  • 高橋 順 - 武田鉄矢
  • 杉原 憲一 - 藤木直人
  • 野間 俊一 - 中井貴一特別出演
  • 稲場 信悟 - 舘ひろし

スタッフ[]

  • 原作:穂積隆信「由香里の死 そして愛 積木くずし終章」
  • 脚本:矢島正雄
  • 演出:林徹
  • プロデューサー:栗原美和子、吉田由二
  • 美術プロデューサー:柴田慎一郎、窪田将宏
  • 音楽:石田勝範
  • 制作・著作:スイート・ベイジル、フジテレビジョン

主題歌[]

  • 主題歌:平井堅「思いがかさなるその前に…」(デフスターレコーズ
  • 挿入歌:東真紀「向日葵 〜一期一会の命〜」(ルビコン・リヴァー・エンタテインメント)

書籍情報[]

  • 積木くずし 親と子の二百日戦争』桐原書店、1982年9月
  • 『親と子積木くずしの世界から』[穂積隆信/能重真作民衆社1983年5月、ISBN 4838303831
  • 『積木くずしあとさき - 悩める親からのアドバイス』 毎日新聞社1984年9月、ISBNなし
  • 『積木その後の娘と私たち』 東京出版、1984年11月、ISBN 4924644080
  • 『積木くずし 親と子の二百日戦争』(再版)角川書店1985年5月、ISBN 4041625017
  • 『積木くずし(続)』 角川書店、1985年5月、ISBN 4041625025
  • 『積木くずし崩壊そして…』 近代映画社
  • 『由香里の死、そして愛 積木くずし終章』 アートン2004年9月、ISBN 4901006851
  • 『積木くずし 親と子の二百日戦争・完全復刻版』 アートン2005年12月、ISBN 4861930243

関連項目[]

  • 前田吟
  • 金盛浦子


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事は積木くずしにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。
Advertisement